草月流 《非公式》 用語辞典

いけばな草月流の、非公式な専門用語辞典です。(草月に限らず、他のいけばな流派に共通するものも含みます)

草月流 理事・顧問試験について〔1〕……申し込み・受験科目など

calendar

1級師範理事1級師範顧問の資格を取るには、試験を受けて合格する必要がある。

受験者にとっては、それなりにプレッシャーはあるが、基本的にはまじめに準備すれば当然のように合格する試験である。(同じ門下に受験経験者がいない場合や、草月流本部に行ったことが無い場合は、かなり緊張して試験を迎える人も多いと聞くが、それほど恐れるような試験ではない)

スポンサーリンク

◆理事・顧問試験の受験資格

理事試験・顧問試験を受けるには、下記の要件を満たしている必要がある。

顧問試験の受験資格

  • 受験年の前々年の3月31日(※1)までに、常任総務に昇格していること
  • 継続して3年以上、草月指導者連盟の会員であること
  • 昇格後に、支部に入会できること

理事試験の受験資格

  • 受験年の3年前の3月31日(※2)までに顧問に昇格していること
  • 顧問昇格時より引き続き、もしくは継続して3年以上草月指導者連盟の会員であること

※1……受験の申し込みは、試験日の前の年の12月なので、申し込み日の時点では、「前年の3月31日」である。つまり、2019年1月の試験を受けようと思えば、2017年の3月31日までに常総に昇格していることが必要
※2……受験の申し込みは、試験日の前の年の12月なので、申し込み日の時点では、「2年前の3月31日」である。つまり、2019年1月の試験を受けようと思えば、2016年の3月31日までに常総に昇格していることが必要

◆理事・顧問への昇格は、「推薦制」である

理事・顧問試験を受けるには、まず自分の教室の親先生に推薦をしてもらい、親先生が草月流本部に推薦書を出す、という手続きを踏む。つまり、必ず推薦者が必要である。

推薦者は、理事である必要がある。免状は、指導者自身の位の一つ下まで出せるものである以上、必然的にそうなる。
逆に言うと、自分の先生の資格が顧問以下であれば、理事の推薦はもちろん、顧問の推薦も受けられない。

◆理事・顧問の推薦を受けるためには……

理事か、顧問を受けるためには、必ずどこかしらの教室に入ること、つまり、推薦者を得るために、誰かの弟子になることが必要。
草月流本部の教室でも、証書申請可能なクラスはある。理事・顧問を取るために本部教室に入るのであれば、草月流本部に問い合わせて、「理事(または顧問)を受ける意思がある」と明らかにして相談すると最も話が早い。

【参考】草月流:教室運営課の℡=03-3408-1209
草月流公式サイト=メールの問い合わせ可能

判断に困るのは、現在すでに通っている教室があるのに、その教室の親先生が顧問以下である場合である。この場合は、親先生に相談し、方法を探すことをお勧めする。(方法は無いわけではないが、各教室で考えが異なる場合がある)

◆申し込み~昇格までの流れ

受験申し込みを行ってから、昇格までの流れは以下のようになる。

  1. 親先生から、草月流本部に「推薦書」が送られる
  2. 受験者本人に、受験要領が届く
  3. 試験前に、受験料を払い込む
  4. 受験勉強する
  5. (希望者のみ)事前講習を受ける
  6. 受験する
  7. 合格後、昇格料を払い込む(※)
  8. 昇格式(出席は任意)

※……昇格料を払い込まなかった場合、試験に合格しても理事には昇格できない

◆受験勉強とは?

試験内容は、受験要領で発表されることになっているが、ほぼ毎年「剣山なし」と「花型」である。この二つを勉強しておけば、不合格になるほうが難しい試験と考えてよい。(具体的な試験勉強については、次の記事で紹介する)

◆受験場所と、日程

試験は、草月会館と大阪教室(2021年からは、京都教室)で行われ、会場は受験者が選べる。
日程は、毎年10月頃に理事資格を持つ師範の元に届けられる書類で明らかにされるが、大体において「1月末頃の、平日。午前中から、夕方前くらいまで」である。

◆推薦書を送るのは、親先生の役目

受験が決まったら、推薦書を本部に送るのは親先生の役目である。推薦書も親先生の元に届いているので(指導有りの理事には、あらかじめ推薦用の書類が届けられている)

◆受験要領と振込用紙は、受験者に届く

草月流本部が推薦書を受理すると、受験者本人に受験要領と振込用紙が送られる。これらが届いたら、試験の内容と、振込みの期限を確認し、受験料の振込みを行う。

◆受験科目について

試験の内容は、受験要領に記載されているが、例年以下のとおりである。(※以下は2019年現在の情報。今後変更が無いとは言えない)

  • 筆記試験=花型図、小文(テーマは試験用紙に記載)
  • 実技試験=実作品製作

》》次の記事に続く

この記事をシェアする