花の情報局 > 草月流非公式用語辞典

草月流 《非公式》 用語辞典

いけばな草月流の、非公式な専門用語辞典です。(草月に限らず、他のいけばな流派に共通するものも含みます)

*

わらび手(わらびて)

      2015/02/03

花鋏の柄の、先の部分をくるりと丸めるように折り返してあるもののこと。

(↓白く丸を付けた部分が「わらび手」)

草月流の鋏は、わらび手が主流。草月流本部で販売している鋏もすべてわらび手である。しかし、わらび手でない鋏も、禁じられているものではなく、自由な鋏を使ってかまわない。とは言っても、実際にはわらび手を使っている人がほとんどなので、わらび手でないものを使っていると非常に目立つし、「なんでそっちが好きなんです?」と聞かれたりするかもしれない。

※ちなみに、管理人は普段はわらび手をほとんど使わない。しかし、幅が小さくて、持ち運びに便利なので、小さいバッグに鋏を入れて外出したいときには、必ずわらび手を持っていく。

 - 道具

  関連記事

自作花器(じさくかき)

いけ手が自分で作った花器のこと。 いけ手自ら作ったものであれば、ペットボトルや紙 …

no image
おとし(おとし)

水の入らない場所に、水を必要とする植物を挿すために入れる仕掛け。 たとえば、その …