花の情報局 > 草月流非公式用語辞典

草月流 《非公式》 用語辞典

いけばな草月流の、非公式な専門用語辞典です。(草月に限らず、他のいけばな流派に共通するものも含みます)

*

自作花器(じさくかき)

   

いけ手が自分で作った花器のこと。

いけ手自ら作ったものであれば、ペットボトルや紙コップを加工した花器でも、轆轤をまわして窯焼きした本格的陶芸であっても、どちらも「自作花器」になる。

草月流本部には、陶芸クラスがある。また、福井に草月陶房というものも開設している。
ガラス花器作りを体験する講座が組まれることもあり、自分で花器を作ることに関しては、草月はかなり熱心である。

かつて「自作花器にいける」というテーマで展覧会が開かれたときには、出品申し込み数が多く、自作花器への関心の高さがうかがえる。

 - 道具

  関連記事

わらび手(わらびて)

花鋏の柄の、先の部分をくるりと丸めるように折り返してあるもののこと。 (↓白く丸 …

no image
おとし(おとし)

水の入らない場所に、水を必要とする植物を挿すために入れる仕掛け。 たとえば、その …