花の情報局 > 草月流非公式用語辞典

草月流 《非公式》 用語辞典

いけばな草月流の、非公式な専門用語辞典です。(草月に限らず、他のいけばな流派に共通するものも含みます)

*

花材(かざい)

      2012/08/21

いけばなを生ける材料のこと。(料理における「食材」のような使い方である)
花のみでなく、葉でも枝でも、「花材」と言ってかまわない。

ちなみに、いわゆる「異質素材」のことは、通常、花材とは呼ばない習慣になっている。しかし、出版物に載せるような場合には、

「花材:バラ、ピアノ線」

などと書くので、非常に広義の意味では、異質素材も花材に含まれる。

 - 花型・技法・技術など

  関連記事

十文字留め(じゅうもんじどめ)

仕切り留めの一種。花器の中に、「十」の字型に棒を入れて花留めにする技法のこと。初 …

no image
水揚げ(みずあげ)

切花の、水の吸い上げを良くする方法のこと。 いくつかの方法があり、当ブログの本サ …

no image
いけばなデモンストレーション(いけばなでもんすとれーしょん)

いけばなのデモンストレーション(実演)である。 文字通りに捕らえると、「人前でい …

no image
盛花(もりばな)

水盤や鉢のような器に、剣山を使って生けることを指す。 (「盛り花」と表記しても問 …

花型(かけい)

生けるときの花材の角度や長さ、剣山を置く場所などが定められた、定型スタイルの生け …

枝ぶり(えだぶり)

本来の「枝ぶり」の意味は、枝の伸びている様、その格好などを指すものだが、いけばな …

no image
正月花(しょうがつばな)

正月用に生ける花のこと。 草月流の場合、「正月専用」の型などは無く、器・花材など …

投入(なげいれ)

筒型、つぼ型などの、要は一般的に「花瓶」と呼ばれるような花器に、剣山を使わずに生 …

よごし

切ったばかりの枝の切り口に、墨や土を塗り、切り口の新しさを目立たせなくすること。 …

no image
大作(たいさく)

大きな作品のこと。 特に、何cmより大きければ大作、という定義などは無いが、流展 …