花の情報局 > 草月流非公式用語辞典

草月流 《非公式》 用語辞典

いけばな草月流の、非公式な専門用語辞典です。(草月に限らず、他のいけばな流派に共通するものも含みます)

*

枝もの(えだもの)

      2012/09/03

木のもので、枝の部分を素材とする花材のこと。
素人目には、枝ものを花袋に入れて持って歩いているのが、一番「いけばなできる人っぽく」見えるのだそうだ。
いけばなの骨格を作りやすい素材であり、「枝ものが無いと生けにくい」という人は多い。(ただし、枝もの大嫌いといういけばな家も存在する)

 - 花材・素材・生花店

  関連記事

竹(たけ)

三代目家元、勅使河原宏が、巨大インスタレーションの素材として、好んで使用した材料 …

no image
金箔(きんぱく)

金をシート状に伸ばしたもの。金箔の専門店、ハンドクラフト店などで売っている。 い …

蔓もの(つるもの)

長く茎を伸ばして、横に這ったり、巻きついたりして成長する「蔓植物」の素材。 たと …

紙(かみ)

紙は、異質素材の一つとして、いけばな作品に用いられる。生ける素材として扱われるこ …

no image
水もの(みずもの)

睡蓮、コウホネ、ハスなどのように、水辺や水中に育つ花材。ほとんど、夏期にしか入荷 …

no image
枯れ物(かれもの)

植物を枯らしたもの。いわゆる「ドライ」にした植物のこと。 「ドライ」と言っても、 …

葉もの(はもの)

葉っぱだけの花材のこと。(これは、草月流特有の言葉ではなく、他流でも、生花店でも …

枝ぶり(えだぶり)

本来の「枝ぶり」の意味は、枝の伸びている様、その格好などを指すものだが、いけばな …

野菜(やさい)

野菜も、いけばなの花材として生けられる。 一般の人たちには、かなり特殊なことのよ …